子供の優しさや思いやりの伸ばし方

テストで良い点がとれる、スポーツで活躍できる、こうしたことも子供に期待したいですが、やはりいちばん身につけてほしいのは、優しさや思いやりをしっかり持ってくれることではないでしょうか。

 

子供に優しさや思いやりを身につけてもらうためには、どのようなことに気をつければいいのでしょう。優しさや思いやりのある多くの子供にはある共通点があります。それは親から優しくされて育ってきた、ということです。

 

優しくされてきた、とは甘やかされてきた、とは違います。優しさとは、子供の感情に向き合い、しっかりと愛情を伝えてあげる、という安心感を子供に与えてあげることです。

 

たとえば、子供が何かに興味を示したら同じように興味を示して感情を共有してあげましょう。「まーたそんな変なことやって」「そんなことやってること誰もいないよ」と否定的な目で見ず、まずは受け入れ、感情を共有してあげるようにしましょう。

 

自分の感情に共有してくれる人がいれば、子供は安心し、同じように周りの人たちに優しくできるよう育っていきます。優しさを受けたからこそ、他人のも優しさを与えることができるようになります。

 

優しい子供に育てるためには、まず親自身が優しさを持ちながら生活をしていくことが大切となります。ピリピリやイライラしていては、子供にも優しくできませんよね。

 

そのためには、まずはご自身の生活スタイルを整え、精神的に余裕のある生活をおくることができるようにしましょう。忙しさや疲れから子供にかまってあげることができず、子供に関心や共感を示せないと、子供はどんどん不安な気持ちになっていくものです。

 

自分が優しくされていない、と感じてしまうと、子供自身の優しさもなかなか育まれません。子供に気持ちを安心させてあげることが、子供の優しさを育むためには大切なのです。