子供の才能の見極め方

「自分の子供には、いったいどんな才能があるんだろう?」
「隠れた才能を見つけたり、伸ばしてあげたりして、豊かな人生を歩んでもらいたい」そんなお父さんお母さんは多いことでしょう。しかし、そんな子供たちの才能探し、どのように行えばよいのでしょうか?ここでは才能の見極め方について、具体的に見ていくことにしましょう。

 

まず1つ目ですが、子供が無意識に行っていることに注目してみましょう。
「何気なく見ると、いつも子供がやっていること」、「ちょっと時間があると、子供が夢中になってやっていること」実はこんなことの中に、才能のヒントが隠されています。大人になってもそうですが、人は自分が好きなことしか実力が伸びないものです。サッカーがたまらなく好きな子供が、それほど好きでもないプロ野球選手にはなれないものです。意図せず、何気なくやってしまうその遊びにこそ、才能が詰っているのです。

 

次に2つ目ですが、子供が憧れている対象を聞いてみましょう。
これも1つ目と同じように、どんなことに興味関心があるのかを観察するということですが、憧れの対象というのは、裏を返せばその子供にもその才能が眠っていることを表しています。どんな人のどんな点に憧れているのか、じっくりと聞いてみましょう。

 

次に3つ目が、周囲にいる人から褒められたことを挙げてみましょう。
人から褒められることの中には、才能の可能性がとてもあります。そして、この「周囲にいる人」ということがカギです。家の中では当たり前だと思っていた子供の行動でも、家の外にいる周囲の人にとって、一つの才能を感じる行動がある場合もあります。ぜひ、こうした意見に耳を傾けてみましょう。

 

最後に4つ目が、教えていないのにかかわらず、一人でできたことに注視してみましょう。
お父さんやお母さんが教えていないのに、子供が自然と何かをしてしまうことがありますが、教わらなくてもできるのは、その子の才能が活かされているからです。ですので、こうした行動を褒めるだけで終わらすのではなく、伸ばしてあげるよう、親もしっかりサポートしましょう。